クリニックで行なう医療脱毛とサロンで行なうレーザー脱毛の違いについて説明します。

単純にクリニックで行なう脱毛とサロンで行なう脱毛の大きな違いは使用されるレーザーの照射パワーの差です。



クリニックで行なう脱毛のレーザーの照射パワーはサロンで行なう脱毛より強く万が一トラブルが起こっても医師が常駐しているので安心なのです。


よって、効果の出方も多少変わってきます。



レーザーのパワーが強い分、医療脱毛の方が効果をより早く実感する事ができます。


毛の太さなども問わず、通院回数もサロンで行なう脱毛より少なくて済みます。


ただし、照射のパワーが強い分施術の際は多少の痛みを生じる事があります。

なので、多くのクリニックでは部分麻酔クリームなどを無料で用意している所が多く施術の約30分前などにレーザーを受ける部位に麻酔クリームを塗ってから受けると殆ど痛みを感じる事はありません。

サロン脱毛の場合は、効果が出ない訳ではなく照射パワーが弱い分何度もレーザーを受けなければならないだけで最終的な効果は医療脱毛もサロン脱毛も効果は変わりません。



ただ、何度もサロンに通わないといけないというのが面倒な所でもあります。
時間はあるが、痛みが苦手な方などにはサロンでの脱毛がおすすめです。

医療脱毛の場合は個人差や部位にはよりますが平均5~8回の施術で満足する方が多く、去り脱毛の場合だとパワーが弱い為平均、12~20回で満足すると言われています。