脱毛をする時に知っておきたいことの一つが、エステと美容外科による脱毛の種類の違いです。

どちらも方法としては、特殊な光を患部に当てて、毛根にダメージを与えて毛を減らしていくというものです。
では、違いを見ていきましょう。



まずエステでは、フラッシュ脱毛という方法で施術しているところがほとんどです。

これは毛周期に合わせて光を当てていくことで、徐々に毛を減らしていき、最終的には自己処理が必要なくなる程度までお手入れすることが出来ます。

サロンごとにオリジナルの保湿剤などを用いて、アフターケアによって美肌に導くことが主流となっています。

最近ではエステサロンの競争が激化し、価格もキャンペーンなどを利用するとかなり安く契約することができます。
これに対して美容外科による方法は、レーザー脱毛といわれるものです。このレーザーはエステのフラッシュに比べて出力レベルが高く、毛根を破壊できるレベルのものです。

そのため取り扱う人には医師免許が必要になり、美容外科での施術が必須となります。



照射レベルが高いことで、その効果も高く、エステよりも早く効果を実感しやすいです。


しかし、美容外科での施術は保険適用外である上に、キャンペーンなども少ないため比較的高額になっている傾向にあります。
どちらの方法も、きちんと通うことによって効果が得られます。



ライフスタイルに合った無理のない脱毛方法を選び、ムダ毛のないきれいな肌を手に入れましょう。